羽生結弦の年収は?衣装やコーチ費用がケタ外れ?CMのギャラも凄かった!

東京オリンピック

最近はCMでも大活躍の羽生結弦選手。CMのギャラは1本8,000万円との噂も!

衣装やコーチ費用はケタ外れのようですが、羽生結弦選手の年収は2億程と予想されています。

今回は、羽生結弦選手の気になる年収と支出について調査してみました。

羽生結弦の年収は?

羽生結弦選手の年収はいくらぐらいなのか、みなさん気になりますよね?

スケート選手の収入源は、賞金、スポンサー契約、CMの出演料、アイスショーなどです。

大会賞金は数百万程度とそこまで高くないそうですよ。
優勝すれば1憶円くらいもらえるイメージだったので、驚きました。

羽生結弦選手の年収のほとんどが、スポンサー契約とCM出演料になります。

調査した結果、羽生結弦選手の年収は2億円くらいと予想されます。

個人的には10憶円以上稼いでいる大金持ちのようなイメージだったので、2億円という金額は意外でした。

スケートはお金がとにかくかかるスポーツとして有名ですし、2億円で大丈夫なのでしょうか?

東京オリンピックの会場まとめ!デザインや費用はどのくらいかかったの?

羽生結弦の衣装やコーチ費用がケタ外れ?

羽生結弦の衣装やCMがケタ外れ?と噂されているようです。

ブルーや白、黒の衣装を着用しているイメージが強い羽生結弦選手。
王子様のような衣装ばかりで、とても似合っていますよね。

羽生結弦選手の衣装は、凝ったデザインのものだと約100万円、シンプルなものでも30万円から80万円だそうです。

年間にかかる衣装代は400万円ほどらしいですよ。

ラインストーンが散りばめられたスケート緒選手の衣装は特注です。やっぱり高額ですね。

羽生結弦選手のコーチ費用についても調べてみました。

羽生結弦選手のようなトップレベルの選手の専属コーチにかかる費用は、月60~100万円、年間にして600~1000万円と言われています。

 

ゆるクマ
ゆるクマ

衣装代もコーチ費用もケタ外れに高い!

 

また、羽生結弦選手の海外遠征費は、1000万円にもなると言われています。

スケート靴代、スケートリンク代も必要になりますので、練習費用だけでも月に100万円以上はかかっているようです。

確かに練習をしていれば靴は壊れますし、練習用のウェアだって必要になります。
スケートリンクはレンタルされているので、利用すれば代金がかかります。

やはりスケートってお金が必要なスポーツなんですね。

羽生結弦のCMのギャラは?

気になる羽生結弦のCMのギャラですが、1本8,000万円とのことです。

また、CM契約は、日本フィギュアスケート連盟の決まりで1選手5本までと定められています。

マックスまで契約すると、8,000×5になりますね。ということは、4憶円になります。

一般人としては、気が遠くなるほど高額なギャラです。

更に、羽生結弦選手のグッズは非常に人気が高く、売上額も相当だとか…

しかしCMのギャラも、グッズの売り上げ代も、半分程が日本スケート連盟に支払われるとのことで羽生結弦選手の懐に入る額はそこまで多くないのかもしれません。

もっと取り分を増やしてあげて!と思ってしまいます。

羽生結弦の年収は?衣装やコーチ費用がケタ外れ?cmのギャラも凄かった!まとめ

いかがだったでしょうか?

調査していくうちに、羽生結弦選手の年収やCMのギャラの高さよりも、衣装代やコーチ費用、練習費用の高さに驚いてしまいました。

年収2億円と噂されている羽生結弦選手。逆に2億円で足りるの?と心配になってしまいます。

これは羽生結弦選手のグッズを購入したり、コロナが落ち着いたらアイスショーへ足運んで少しでも収入に貢献するしかありませんね。

これからも羽生結弦選手の新しい情報が入り次第、まとめていきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました