TOKYO MER 1話ネタバレあらすじ感想!【7月4日放送】

TOKYO MER

2021年7月4日夜9時からTBS系列で日曜劇場・ドラマ「TOKYO MER」がスタートします。

主演は鈴木亮平、賀来賢人・中条あやみ・要潤・小手伸也などの実力派が脇を固めます。

コロナ禍における医療従事者に抱く畏敬の念がこめられたドラマです。

TOKYO MER第1話放送後にネタバレあらすじを更新していきます。

\今すぐクリックで0円視聴

無料視聴

今すぐクリック⇒TOKYO MER 1話無料で見逃し配信を見る!

TOKYO MERの最終回ネタバレ予想>>

ドラマ「TOKYO MER」 第1話のあらすじ

まずはTOKYO MER第1話のあらすじをご紹介します!

[新日曜劇場]『TOKYO MER~走る緊急救命室~』「待っているだけじゃ、救えない命がある」 7月4日スタート!!【TBS】

 

事故・災害・事件の現場へと駆けつけて、患者を救命するために発足した“TOKYO MER”。
救命救急チーム”TOKYO MER”のメンバーは、7人。チーフドクターの喜多見幸太(鈴木亮平)、研修医・弦巻比奈(中条あやみ)、看護師・蔵前夏梅(菜々緒)とベトナム人看護師・ホアン・ラン・ミン(フォンチー)、麻酔科医・冬木治朗(小手伸也)、臨床工学技士・徳丸元一(佐野勇斗)。そして、厚生労働省の官僚であり医師の音羽尚(賀来賢人)。その誰もが救命医療のスペシャリストたちだ。

発足記念式典の最中、バス事故で重篤患者が出ているとの通報を受けて、チームは現場へと急行する。そこには、何人もの命の危機に瀕した患者が待ち受けていた!複数の患者を危険極まりない事故現場でオペをするという前代未聞のミッションに挑む。

そして、医師の常識を超越した喜多見の救命行為は、厚生労働省で問題視されてしまう。
発足早々に解散の危機を迎るTOKYO MERに、工場爆発というさらなる試練が待ち受けていた…!喜多見とメンバーに難しい決断が迫られる!

引用元:公式サイト

TOKYO MERとはモバイル・エマージェンシー・ルームの略称です。

TOKYO MER第1話のあらすじをざっくり簡単にまとめると

ざっくりドラマ「TOKYO MER」の1話のあらすじをまとめると、

・喜多見幸太は自分の命の危険を顧みず現場に飛び込んでいく意思の強い救急救命医である。
・オペ室を搭載した大型車両で現場に駆けつけ、救命処置をするプロフェッショナルチームの奮闘が描かれる。
・バス事故、工場爆発の現場で危険な救命行為が求められるTOKYO MERのメンバーたち…。

 

ゆるっとちゃん
ゆるっとちゃん

ERカーという大型車両は実際の医療現場には存在しない架空の車なんですよ。本当にあったら理想的な医療が受けられますよね。

ドラマ「TOKYO MER」 第1話のネタバレ

東京都にTOKYO MER(モバイル・エマージェンシー・ルーム)を試験運用する。都知事(石田ゆり子)は「死者ゼロ」を目標に掲げる。記者を集めた会見中、早速バスの事故が発生し出動。

TOKYO MERのリーダー喜多見(鈴木亮平)た海外で医師活動をしており国内では無名であった。現場に駆けつけた喜多見は消防の隊長(要潤)とぶつかりながらも、ものすごいスピードで処置、指示をしていく。

なんと喜多見は事故車両に挟まった運転手を取り出すことと怪我の処置をすることを同時にしてのけた。

このトラックの運転手の居眠りのせいで事故が起きていた。弦巻(中条あやみ)は犯人なのだから処置は後回しでいいと主張。喜多見は気に留めず処置。

そしてこの現場は死者ゼロで収める。

しかし音羽(賀来賢人)はそのやり方に反対する。音羽は医師免許を持つ官僚である。裏では厚生労働大臣(渡辺真起子)からMERを潰すよう指示されていた。

消防や警察など各方面から批判の声が上がっていた。一般の人からも事故の原因のトラックの運転手の処置を優先したことへ批判が上がっていた。

実は、トラックの運転手は居眠りではなく、子供が飛び出してきて避けようとして起きた事故であったのだ。

その後、喜多見のやり方に関する審査会が開かれる。喜多見は工場のガス爆発現場に行き審査会には欠席。

厚生労働省はMERを解体するべきと主張。
都知事は、喜多見の両親は銃の乱射事件で死んだこと。現場に医師がおらず、搬送されずに死んだと告げる。都知事は喜多見はMERの理念に適していると告げる。

喜多見がいた現場で更に爆発が起きてしまう。MERや消防も駆けつける。患者を全て搬送した後また爆発が起こる。消防隊員が1人中にいた。

ガスが充満していた工場内に喜多見は1人で向かう。処置中、ガスで意識が遠のく。そこに音羽が現れ、2人で患者を救い出す。

 

ドラマ「TOKYO MER」 第1話での進展やハイライト


第1話のストーリーでの進展やハイライトをざっくり説明すると…

 

  • 東京都に都知事がTOKYO MER(モバイル・エマージェンシー・ルーム)を試験運用し、「死者ゼロ」を目標に掲げる。
  • TOKYO MERのリーダー喜多見は国内では無名ながら非常に能力の高い救急救命医である。
  • 音羽は医師免許を持つ官僚であり、厚生労働大臣からMERを潰すよう指示を受けている。
  • 事故の原因のトラックの運転手の処置を優先したことで、喜多見の処置に対する批判が上がる。
  • 都知事は喜多見の過去を語り、MERの理念に準ずる喜多見への批判の声をはねのける。

 

ドラマ「TOKYO MER」 第1話の感想


スピード感がある医療ドラマですね!

菜々緒さんが悪女役ではなく仕事ができる看護師役で素敵。

鈴木亮平さんの医師役も頼りになりそうでさわやか〜。

医療シーンも重厚で、複雑な人間ドラマがどんな風に展開していくか気になりますね!

 

ドラマ「TOKYO MER」 第1話に対するTwitterでの反響

医療ドラマとしてかなり評価が高いことがわかりますね!

Twitterではトレンド1位になっていたんですって!!

鈴木亮平さんと賀来賢人さんのコンビが注目されていました♪

 

ドラマ「TOKYO MER」 次回第2話の予告

ドラマ「TOKYO MER」 第1話ネタバレ感想まとめ

ドラマ「TOKYO MER」第1話ネタバレあらすじをご紹介しました。

コロナ禍で奮闘する医療従事者にエールを送り、救命救急医たちの姿をヒーローとして描く…そんな作品なのだそうです。

爆発、崩落などスケールの大きいエピソードにも注目しつつ、重厚な医療ドラマに没頭しちゃいましょう

\今すぐクリックで0円視聴

無料視聴

今すぐクリック⇒TOKYO MER 1話無料で見逃し配信を見る!

 

本記事の情報は2021年7月時点のものです。
最新の配信状況は公式サイトをご確認ください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました