TOKYO MERの意味は?読み方は?実在する救急救命チームか調査

TOKYO MERの意味は?読み方は?実在する救急救命チームか調査』と題していろいろ調べていきたいと思います♪

日曜劇場枠ということもあって楽しみですね♪

TOKYO MER(東京エムイーアール)キャスト相関図!最新情報を随時更新中!

TOKYO MERの意味は?何の略?

新日曜劇場ドラマ『TOKYO MER』の意味は?何の略?
“MER”とは、モバイル・エマージェンシー・ルームの略称です。

モバイルは、移動性・携帯性・機動性などがあることを意味します。
エマージェンシーとは、緊急事態を意味します。
ルームとは、部屋などを意味します。ここでは、車ということですかね?

モバイル・エマージェンシー・ルームとは…最新の医療機器とオペ室を搭載した大型車輌(ERカー)
危険極まりない重大事故・災害・事件の現場に駆けつけることが出来るので、負傷者にいち早く救命処置を施すことができます。

TOKYO MERの読み方は?

新日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』読み方は?

そのまま読むようなので『トウキョウ エムイーアール』です♪

TOKYO MER は実在する救急救命チーム?

現場に駆けつける最新鋭の機材とオペ室を備えるTOKYO MERの専用車両“ERカー”は、8トン車を6ヶ月かけて改造し作り出された。現実には存在しない架空の設定の車両だが、ドラマを監修する現役の救命救急医たちが、「もし本当にあったら“救急医療の理想”」だという特殊車両だ。

引用元:公式サイト

現実には存在しないようですが、現役の救命救急医たちが、理想としている特殊車両なのであれば、近い未来実現しそうですね♪

それにしても、半年もかけて改造されたというERカーすごいですね♪

TOKYO MER 1話ネタバレあらすじ感想!【7月4日放送】

まとめ

7月スタートの日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』の意味や読み方などについて調べてきましたが、オペ室を備えた大型車両ってすごいですよね♪

実在はしないようですが、どのような現場でどのように活躍するのか…ドラマで見れるのが楽しみですね♪

TOKYO MER(東京エムイーアール)の原作は漫画?最終回結末を原作ネタバレ予想できる?

 

 

コメント

  1. 夢助 より:

    鈴木亮平主演する7月スタートのTBS系連続ドラマ, 日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(日曜よる9:00~)にフォークデュオ・ゆず(セーニャ・アンド・カンパニー所属)が新曲♪「NATSUMONOGATARI」(6月2日(水)より配信リリース)も挿入歌となります。
    そしてアルバム「YUZUTOWN」より♪「SEIMEI(アルバムバージョン)」を劇中歌となります。

タイトルとURLをコピーしました