イチケイのカラス 10話ネタバレ感想

イチケイのカラス

毎週月曜日夜21時からフジテレビ系で放送中のドラマ「イチケイのカラス」。

元弁護士の型破りな裁判官入間みちお(竹野内豊)と堅物エリート捜査官の坂間千鶴(黒木華)とイチケイメンバーたちが繰り広げるリーガルエンターテイメントです。

今回は、6月7日放送の第10話のネタバレや感想をご紹介します。

 

\今すぐクリックで0円視聴

無料視聴

今すぐクリック⇒イチケイのカラス最新話無料で見逃し配信を見る!

ドラマ「イチケイのカラス」10話 あらすじ

第10話のあらすじをご紹介します。

みちお(竹野内豊)は、弁護士時代の同僚でもある青山(板谷由夏)と、彼女の母親の多恵(銀粉蝶)に会いに行く。愛犬みちこの弟妹が生まれたからだった。帰り道、青山は、独立して事務所を立ち上げるにあたって、得意の企業法務だけでなく国選弁護もやっていくつもりだとみちおに告げる。青山は、その国選弁護である案件を担当するため、またイチケイに通うことになる、と続けた。

 あくる日、駒沢(小日向文世)は、レアケースの案件が上がってきたので合議制で審理する、とみちおや坂間(黒木華)たちに伝える。それは傷害事件だったが、被告人が『名無しの権兵衛』なのだという。青山が弁護人を引き受けた案件だった。

 第1回公判。どこか飄々とした雰囲気を持つ被告人(板尾創路)は、名前はもちろん、自らの素性を明かすことを拒む。事件は、当時17歳だった被害者の朝倉純(小野寺晃良)の胸部を工具で殴打し、ケガをさせたというものだ。この事件の背景にあるのは、路上生活者に対する少年たちの投石事件だった。河川敷で路上生活者仲間とバーベキューをしていた被告人は、被害者の純を含む5名の少年たちから石を投げつけられた。少年たちを追いかけた被告人は、純を捕まえて注意をした。すると、そのことに腹を立てた少年たちは再び投石行為に及び、路上生活者のひとりにケガをさせてしまう。純を探し出した被告人は、もみ合いになった際に彼が持っていたスパナを奪って殴りつけたという。純は肋骨が折れるほどの大ケガだった。だが、みちおから、起訴事実について間違いはないか、と問われた被告人は、間違っている、嘘だと答えた。そして、自分は嘘が嫌いだ、と言い放ち……。

引用元:公式サイト

ざっくりドラマ「イチケイのカラス」10話のあらすじをまとめると、

 

  • みちおは、弁護士時代の同僚でもある青山と、彼女の母親の多恵に会いに行く
  • 合議制で審理することになった傷害事件の被告人が『名無しの権兵衛』で青山が弁護を引き受けた案件だった
  • 起訴事実について間違いはないか、と問われた被告人は、間違っている、嘘だと答えた。そして、自分は嘘が嫌いだ、と言い放ち……。

ドラマ「イチケイのカラス」10話 ゲストキャスト

ドラマ「イチケイのカラス」10話のゲストキャストをご紹介します。

 

ゆるクマ
ゆるクマ

10話のゲストは板尾創路さんが名無しの権兵衛という気になる役どころを演じます!!

名無しの権兵衛?!/演:板尾創路

年齢、氏名、住所など全ての素性を明かさない傷害事件の被疑者。

朝倉純/演:小野寺晃良

路上生活者に対し投石などをした高校生犯行メンバーのひとりで傷害事件の被害者。

ドラマ「イチケイのカラス」10話 ネタバレ

ゆるっとちゃん
ゆるっとちゃん

お待たせしました!10話のネタバレをご紹介します。

10話は、最終回に繋がる事件が発生するようです!!

 

ここからはドラマのネタバレになりますので、まだ観ていないという方はご注意ください。

 

10話の冒頭は、みちこ(みちおが飼っている犬)の兄弟が生まれたということで、入間みちおが青山弁護士と共に、青山弁護士の富山県内の実家を訪ねている場面から始まりました。

その帰り道、入間にレアな国選を受けることになったと告げる青山弁護士。

みちこの兄弟の名前を考える入間みちおと、名前の大切さについて語り合うイチケイメンバーたち。

そんな中、今回の公判は青山弁護士が国選を担当する事案であることを知らされます。

青山弁護士が弁護することとなった事件の被告人は、氏名や住所など一切素性を明かさない名無しの権兵衛だといいます。

 

第1回公判

公判中も氏名など語ろうとしない被告人。

青山弁護士も、減刑されないことなどを伝えたが名乗ろうとしないと発言します。

起訴内容

被告人は令和3年3月22日午後5時ころ東京都稲城市河川敷において、朝倉純当時17歳に対しスパナで同人の胸部を殴打する暴行を加え、もって同人に全治約一ヶ月半を要する外傷性気胸、肋骨骨折の傷害を負わせたものである。

 

ところが、起訴内容を被告人は否認します。

さらに、弁護を担当する青山弁護士も無罪を主張しました。

事件のきっかけとなったのは、

河川敷で路上生活者に対して投石する少年たちを被告人が注意したことから、注意されたことに腹を立てた少年たちが2度目の投石をし、路上生活者の1人が怪我をしてしまいます。
そのことを聞いた被告人が少年たちを追いかけ、今回の被害者と揉み合いになり事件に発展した。

というものでした。

入間みちおから、被告人が路上生活者であるのか訪ねられると
「違います。私はポジティブホームレスです」と返し、現在の生活の充実さを語り一切素性については語ろうとしない被告人。

被告人は川でシジミなどを取り売っているといいます。

被告人は、被害者をスパナで殴ってなどいない。

被害者の少年を見つけたときにはすでに倒れていたと証言します。「少年を呼んでください。私は嘘は嫌いなんです。」と被告人は力強く主張します。

ここで被害者と被告人の証言が食い違いました。

公判後、「今回は勝算がある。被告人のアリバイを証明できるかもしれない。」と言う青山弁護士。

投石を知った場所から、被告人が倒れていた場所までは約5分。被害者が119番通報したのは午後5時01分。しかし、被告人は事件を知る直前に原口秀夫という男性と他2人の男性と会い会話していると言います。これを証明出来ればアリバイは証明されるかもしれません。

そこで、原口秀夫という男性に法廷で証言してほしいと青山弁護士は頼みに行きます。

しかし、原口秀夫は法廷での証言を拒否し、他2人の男性の素性も明かそうとしませんでした。

第2回公判

被害者と共に投石をした少年4名が法廷に立ちます。
少年たちは、事件を知ったのは後から知り「説教をしたやつからやられたと言っていた」と証言しました。

また、被害者の少年も被告人にやられたと証言します。

その言葉に思わず「嘘はいけない。ずっと嘘をつき続ける気か」と被疑者は立ち上がります。それを止めに入った刑務官を合気道で払ってしまう被告人。

ますます被告人の素性を怪しむイチケイメンバーですが、かたくなに素性を明かそうとはしません。

坂間は嘘には9つの種類があると語り始め、<span class=”marker”>誰が嘘を付いているのか知る必要があるということから職権が発動されます。</span>

第2回公判後、青山弁護士が被告人の素性を本当は知っていると言うことを入間みちおは見抜きますが、青山弁護士は素性を明かさないまま事件を解決することを望んでいました。

再度、原口秀夫に出廷を求めようと訪ねますが長期休暇を取り雲隠れしてしまったことを東京地検の城島から知らされます。城島もまた原口秀夫を訪ねていました。

このことから、<span class=”marker”>原口秀夫とともにいた2名の男性の1人が政治絡みの人物で、もう1人は脱税に関与していた鷹和建設社長の的場直道という人物であることがわかります。</span>

一方、入間みちおたちは路上生活者たちに聞き込みを行います。
そこから、被告人が「かたいかたい(おりこう)」という方言を使っていたことがわかり、入間みちおは被告人の素性に感づいたようでした。

また、救急隊の発言から救急隊が到着したときには何者かにより気胸の応急処置をしてあったことが判明します。

入間みちおは青山弁護士の富山県の実家を訪ねた後、青山弁護士を呼び出し被告人の素性を知ったことを伝えました。

被告人は、青山弁護士の実家のある村で医師として働いていて、当時17歳の妊婦の緊急帝王切開を行った後(妊婦は死亡)失踪していました。そして、青山弁護士の母親は当時被告人の働く診療所で看護師をしていました。

被告人は、自分の素性を明かすことで青山弁護士の母親が人口1000人という村で村民から非難されることを避けるため素性を隠し、また、青山弁護士も母親をかばうため被告人の素性を明かさないまま事件を解決しようとしていたのでした。

第3回公判

傍聴席には青山弁護士の母親の姿がありました。

そのことに驚く被告人ですが、素性を隠すことができないと悟った被告人は真実を語り始めます。

氏名は、みたらいしんいち。そして、医師として働いていたことや、17歳の妊婦の手術をし助けられなかったことをきっかけに失踪した理由などを青山弁護士から訪ねられ、被告人は医師免許を持っていない無免許医師であることを告白しました。

青山弁護士は、当時のことは17年前のことであり時効であることを話しますが、被告人は今回の事件である罪を犯したと言います。

それは、今回の被害者の少年に対し医療行為を行ったというものでした。

罪を犯してまで少年を助けた理由を尋ねられると、被告人は

あの時の子だから。17年前この手で亡くなった母親から助けた子だから

と語りました。

少年が住んでいる場所を知り被告人は現在の場所に流れ着き路上生活をしていたのでした。

入間みちおは、傍聴席にいる被害者の朝倉順に対し「証言することはありますか?」と尋ね、朝倉純も真実を語り始めます。

1度目の投石を被告人に注意され、反省し2度目の投石を断ったことから仲間と揉み合いになった際にスパナで胸を打った。しかし、本当のことを言えば仲間からいじめに合うと思い被告人にやられたと嘘を付いた。

というのが真実でした。

こうして全ての嘘が明らかになり事件は解決することとなりました。

これまでのネタバレ記事はこちら

 

ドラマ「イチケイのカラス」10話 感想

ドラマ「イチケイのカラス」10話で坂間千鶴が語った9種類の嘘。

今回の事件は、人のためにつく嘘や、恐怖による保身から付く嘘など、それぞれ違う感情によるいろいろな種類の嘘がありましたね。

また、脱税事件に政治絡みの人物が関与している可能性が出てきたりと、意外なところから大事件へ繋がっていくのだということがわかりました。

入間みちおと坂間千鶴を付けていた記者も気になります…

ドラマ「イチケイのカラス」10話ネタバレと感想まとめ

ドラマ「イチケイのカラス」10話のネタバレをご紹介しました。

次回は最終回となり、ついに政界との対立となりそうです!!

ドラマの最後には入間みちおの任期があと少しであることがわかり、再任されなければ残りの任期が10日ということでした。任期満了までに、事件の真相を暴くことができるのでしょうか。

どんな展開になるのか、最終回も見逃せませんね^^

\今すぐクリックで0円視聴

無料視聴

今すぐクリック⇒イチケイのカラス最新話無料で見逃し配信を見る!

 

本記事の情報は2021年6月7日時点のものです。
最新の配信状況は公式サイトをご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました