リコカツ8話ネタバレと感想!【6月4日放送】

リコカツ

3家族が同時に離婚活動=リコカツを行い、夫婦としてのさまざまなあり方を映しているドラマ「リコカツ」。

物語も終盤に差し掛かり、今後3家族がどのようになっていくのか益々気になる展開となってきました!

今回はドラマ、リコカツの第8話のネタバレや感想をまとめていきます!!

 

\今すぐクリックで0円視聴

無料視聴

今すぐクリック⇒8話無料で見逃し配信を見る!

リコカツの最終回ネタバレ予想>>

ドラマ「リコカツ」 第8話のあらすじ

『リコカツ』6/4(金)#8 恋が終わり…それぞれの道へ 2人の選択とは!?【TBS】

まずはリコカツ第8話のあらすじをご紹介します!

咲(北川景子)と紘一(永山瑛太)の離婚をきっかけに、周囲がにわかにざわつき始めた。

貴也(高橋光臣)は、結婚を前提に付き合うおうと咲に告白し、連(白洲迅)は紘一の実家を訪ね、紘一を挑発する。

ある日、咲が働く編集部に連がやって来た。

連の新しい作風は、咲が編集担当になってから文芸部でも評価が高く、咲も仕事にやりがいを感じている。

咲を外に誘い出した連は、自分の孤独な身の上を打ち明けながら、「咲のために小説を書きたい」と素直な気持ちを伝える。

一方、連から「水口咲は俺がもらう」と宣言された紘一は、咲にふさわしい人は誰なのかと考えていた。

咲の幸せを願うあまり、紘一は貴也を知るために尾行を開始。

紘一が自分なりの結論を連に伝えるため連の仕事場を訪れると、そこに咲がやって来て…。

引用元:公式サイト

リコカツ第8話のあらすじをざっくり簡単にまとめると

ざっくりドラマ「リコカツ」の8話のあらすじをまとめると、このような形になります。

・貴也が咲に告白をする

・連が紘一に「水口咲は俺がもらう」と宣言する

・連は「咲のために小説を書きたい」と素直な気持ちを咲に伝える

・咲にふさわしい人は誰なのか、紘一は考え貴也を尾行する

 

ドラマ「リコカツ」 第8話のネタバレ

水無月(白洲迅)は紘一(永山瑛太)に「咲(北川景子)は俺がもらう」と告げる。

それに対し紘一は水無月よりも貴也(高橋光臣)と咲がお似合いだと考えていた。貴也を尾行し調査。

咲を任せても安心と判断した紘一は、改めて水無月の職場を訪れ、咲には貴也がいると告げる。

 

水無月は親に捨てられた過去を持っていた。

親の愛を知らなかったが、咲と出会い愛を知ったという。

水無月は咲に「あなたのために書きたい」と告白。

一ノ瀬(田辺桃子)は咲の家を訪れ、今までの数々の嫌がらせを謝り土下座する。

初めて人を好きになりどうしていいかわからなかったと涙し、謝罪した。

ある日咲、は紘一に呼ばれ、料亭に向かう。

するとそこには貴也の姿が。紘一が2人にデートの場を設けたのだ。

咲は貴也に紘一について楽しそうに語るのであった。

水無月は「この小説を書き終わった時に咲が誰とも付き合っていなかったら俺と付き合ってほしい」と賭け出る。

ある日、咲は「あなたのことが知りたい」と一ノ瀬を訪ねてくる。

咲は一ノ瀬に紘一とは別れたので気にしないでと告げる。

ところが紘一は一ノ瀬を呼び出し、誰とも付き合うつもりはないと告白を断り、走り去る。

 

その後紘一は咲を訪ねる。紘一は一ノ瀬と付き合うことにしたと嘘をつく。

それに対し咲は2人は合っていると告げる。

去る紘一を追いかけ咲は貴也とやり直すと告げる。

立ち去る咲の背中に紘一は「良かった…」とつぶやく。

咲は貴也に「私ともう一度…」と言おうとするが言い淀んでしまう。

そして「貴也とやり直せない。誰とも結婚しない」と言い切る。

ドラマ「リコカツ」 第8話での進展やハイライト

第8話のストーリーでの進展やハイライトをざっくり説明すると…

 

  • 咲と紘一が離婚し、紘一の両親が頭を下げに来る
  • そこでお互いの両親だけでなく、咲の姉も離婚することを告げる
  • 咲に母と姉が居候する
  • 咲の母が詐欺にあい2000万円だまし取られる
  • 紘一の同僚が煮物を持って紘一の実家にやってくる

 

ドラマ「リコカツ」 第8話の感想


一ノ瀬さん、今回で土下座までして咲に謝りましたが、やっぱり私はちょっと許せないですね~。既婚者に告白したり、奥さんに嫌がらせなんて…(-_-;)

咲と紘一はお互いを想っているのにどうしてうまくいかないんでしょうか…。紘一が咲に嘘をついた後壁を殴って泣いていたシーンは切なかったですね。

ドラマ「リコカツ」 第8話に対するTwitterでの反響

リコカツ8話放送後のツイッターでの感想をまとめます!

ドラマ「リコカツ」 次回第9話の予告

『リコカツ』6/11(金)#9 やり直すことに遅すぎることはない!? 本当に伝えたい想いとは!?【TBS】

咲(北川景子)と紘一(永山瑛太)は、互いの幸せを願うあまり本音を隠して再び別れた。そして咲は、紘一との思い出が詰まった共有名義のマンションを売ることを決意。貴也(高橋光臣)にマンション売却の一切を委ね、依頼を受けた貴也は水戸の緒原家に紘一を訪ねる。

ある日、武史(平田満)に呼び出された紘一は、武史が美土里(三石琴乃)をだまして大金を奪った立川(中山麻聖)をやり込めようと作戦を練っていることを知る。立川に対面した二人は、美土里が必死に隠していたある事実を知ることに…。

咲が担当するカリスマ恋愛小説家・水無月連(白洲迅)の小説が完成間近に。結末は咲と紘一次第だと言う連は、強がる咲の本心を見抜く。

それぞれが大切な人に伝えたい、本当の想いとは…。

引用元:公式サイト

ドラマ「リコカツ」 第8話ネタバレ感想まとめ

リコカツ8話のネタバレ感想をまとめてみました。

毎回切ない…。切ない中にも不器用な愛があったり、フフッと笑える部分があったり…。

最終回が待ちきれないです!!

 

\今すぐクリックで0円視聴

無料視聴

今すぐクリック⇒8話無料で見逃し配信を見る!

 

本記事の情報は2021年6月時点のものです。
最新の配信状況は公式サイトをご確認ください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました