イチケイのカラス 9話ネタバレ感想

イチケイのカラス

毎週月曜日夜21時からフジテレビ系で放送中のドラマ「イチケイのカラス」。

破天荒な刑事裁判官・入間みちお(竹野内豊)と堅物エリート捜査官の坂間千鶴(黒木華)が毎週いろんな事件を捜査するリーガルエンタテイメント!

今回は、5月31日放送のドラマ「イチケイのカラス」第9話のネタバレや感想をご紹介します。

\今すぐクリックで0円視聴

無料視聴

今すぐクリック⇒イチケイのカラス 最新話無料で見逃し配信を見る!

ドラマ「イチケイのカラス」9話 あらすじ

第9話のあらすじをご紹介します。

みちお(竹野内豊)や坂間(黒木華)たち“イチケイ”が扱うことになった「世田谷家政婦殺人事件」が、裁判員裁判で審理されることになった。書記官の川添(中村梅雀)を中心にさっそく裁判員の選任手続きが行われ、その結果、塾講師の大前正一(山崎銀之丞)、結婚相談所勤務の落合清美(池津祥子)、土木作業員の田部公平(山口森広)、主婦の立原理沙子(太田順子)、証券マンの西園寺勝則(永田崇人)、大学生の小中渚(羽瀬川なぎ)の6名が選ばれる。補充裁判員として選ばれたのは、派遣社員の新村早苗(行平あい佳)、「みちおを見守る会」メンバーでもある自由業の富樫浩二(明樂哲典)だった。

 事件の被告人は高見梓(春木みさよ)、被害者は桐島優香(八木さおり)。梓は家政婦として桐島家で働いていたが、ある時、柵が破損していることを知りながら3階のバルコニーで優香と争い、突き飛ばして転落させたという。梓は、転落後もまだ息があった優香をそのまま放置。たまたまやってきて異変に気づいた配達員が救急車を呼んだが、優香は命を落としていた。また優香は、梓に多額の遺産を残すことを1年前に弁護士に書面で伝えていたという。

 優香の娘・希美(松風理咲)も見守る中で行われた第1回公判で、梓は、自分は殺していない、あれは事故だと主張。遺産の件も知らないと証言する。実は梓は、5年前に火災事故で夫と娘を亡くし、譲り受けた夫の会社を売却して多額の資産を得ており……。

引用元:公式サイト

ざっくりドラマ「イチケイのカラス」9話のあらすじをまとめると、

  • 世田谷家政婦殺人事件が裁判員裁判で審理されることになる
  • 6名の裁判員が選ばれ、補充裁判員で選ばれたのは「みちおを見守る会」メンバーでもある自由業の富樫浩二(明樂哲典)だった。
  • 被告人の梓は家政婦として桐島家で働いていたが、ある時、柵が破損していることを知りながら3階のバルコニーで優香と争い、突き飛ばして転落させ死なせてしまう
  • 優香は、梓に多額の遺産を残すことを1年前に弁護士に書面で伝えていた
  • 梓は無罪を主張。実は、5年前に火災事故で夫と娘を亡くし、譲り受けた夫の会社を売却して多額の資産を得ていた

ドラマ「イチケイのカラス」9話 ゲストキャスト

ドラマ「イチケイのカラス」9話ゲストキャストをご紹介します。

桐島希美/演:松風理咲

被害者の娘

富樫浩二/演:明樂哲典

補充裁判員に選ばれた1人。自由業。「みちおを見守る会」のメンバーが今回は裁く側として登場します!!

桐島優花/演:八木さおり

事件の被害者

高見梓/演:春木みさよ

事件の被告人

 

ゆるクマ
ゆるクマ

また、今回は裁判員裁判がテーマとなりますので、裁判員を演じるキャストを以下にまとめました!

裁判員

大前正一…塾の講師/演:山崎銀之丞

落合清美…結婚相談所勤務/演:池津祥子

田部公平…土木作業員/演:山口森広

立原理沙子…主婦/演:太田順子

西園寺勝則…証券マン/演:永田崇人

小中渚…大学生/演:羽瀬川なぎ

補充裁判員

新村早苗…派遣社員/演:行平あい佳

富樫浩二…みちおの会のメンバー/演:明樂哲典

ドラマ「イチケイのカラス」9話 ネタバレ

ゆるっとちゃん
ゆるっとちゃん

お待たせしました!9話のネタバレをご紹介します。

ここからはドラマの内容のネタバレとなりますのでご注意ください。

冒頭…バルコニーから落下し頭から血を流す女性…それを見つめる女性のシーン

一方、裁判所に向かう坂間千鶴の後をつけている怪しい男。誰かにつけられている気がしている坂間千鶴。

 

今回は殺人事件の裁判員裁判が行われることになり、裁判員候補者から補充裁判員含め8名の裁判員が選ばれました。

裁判員の一員に選ばれ大興奮のみちおを守る会の富樫浩二。

第1回公判

被告人は被害者宅で家政婦として働いていた高見梓(春木みさよ)、被害者は桐島優花(八木さおり)。

起訴内容

被疑者は令和3年3月16日午後1時30分頃被害者宅の3階バルコニーにおいて、殺意を持って破損している柵方向に突き飛ばし落下させ、同人を死亡させたものである。罪名 殺人。  

しかし、被告人の高見梓は「私は殺してはいません。あれは事故です。」と起訴内容を否認します。

第1回公判後、裁判官と裁判員との検証・協議が始まります。

事件現場のセキュリティ映像からも、すぐに救急車を呼ばなかったこと。

被害者が遺産を被疑者に残すと遺言を残していて金銭が絡んでいること

被告人が過去に離婚協議中に自身の過失から火災を起こし、夫と娘を亡くしていて夫の会社を売却し多額の資産を得ていること

被告人の証言が曖昧なこと

などからも、裁判員8人全員が被告人が嘘を付いていて実際は犯行を犯しているという判断をします。

第2回公判

被害者の娘が被告人を弁護します。

「子どもの頃病院が嫌でした。心臓疾患を抱えていたんです。でも11歳の時心臓移植を受けた。少しずつ普通の生活をするようになった。自宅に戻れるようになった頃高見さんは家政婦として働くことになり、私たちを支えてくれました。私にとって叔母さんのような存在でした。

私は高見さんのことを信じています

と証言しました。

続いて、同僚の家政婦の証言からも被告人を悪く言う証言が全くないことから裁判員たちは動揺し始め、人の人生を決めてしまう裁判への不安と裁判員の必要性を疑い始めます。

入間みちおは裁判員に対し、「育ちも環境も違うからこその正しさがある。みなさんが思ういろんな正しさから真実を見極めるのが裁判員裁判。

坂間千鶴も続けて、「被告人の気持ち知りたいと思いませんか」と裁判員たちに問いかけます。

すると、裁判員たちも裁判と向き合うことを決めます。そして、真実を知るため職権が発動されました。

第3回公判終了後、公判を振り返りながら協議が始まります。

検察が映像を検証し直した結果、事件直前に被疑者の「ゆるさない」という言葉と被害者の「やめて」という音声が入っていることが判明します。

しかし、被害者が転落した際の状況など黙秘する高見梓。

裁判員たちは、今までの証言などを振り返ります。

被害者の知人の証言では、被害者は事件前に知人と食事した際に長野県の山林で土砂崩れが起きそこから男性の遺体が発見されたというニュースを見て過呼吸になったという証言がありました。

 

入間みちおは、調べられた被疑者と被害者の時系列から、ある接点があることに気づきます。

そんな中、1人の裁判員が責任の重さに耐え兼ねて裁判員から外れます。

第4回公判

被疑者の心の扉を開くには、被害者の娘の証言が必要ということから被害者の娘の希美が再び証言台に立ちます。

そこで、被疑者と被害者の時系列から明らかとなった、希美が心臓移植を受けたドナーが被疑者高見梓の娘だったことが告げられます。

被疑者の高見梓は、新聞から娘の心臓が移植されたのが桐島希美ということを知り会いに来たことをきっかけに家政婦として働いていました。

亡くなった娘と重ね合わせていることには気づいていたという希美。「それでも高見さんを家族のように思っています。」と証言します。

さらに、長野県の土砂崩れの現場から発見された男性の遺体が桐島優花の夫であったことが発覚します。

第2の母として希美のために嘘を付いていた高見梓でしたが、真実を語り始めます。

被害者の桐島優花は過去に夫から殺されかけた(重度の小麦アレルギーと知りながら事故に見せかけて)。心臓の悪い娘のことも都合が良いと思っていて2人が死ねば全財産が自分のものになると夫が思っていたことなどから、娘のため隙を見て夫を殴りつけて飛び出した。その後、アレルギー症状で倒れるが通行人が救急車を呼び病院に運ばれた。数時間後、夫のところに戻るとまだ夫は息をしていたが放置して息を引き取るのを待ちそのご遺棄した。

土砂崩れによって遺体が発見されたことから、桐島優花はこのことを高見梓に告げ娘のことを託し、娘に残酷な真実を知られないたくないという想いから自殺した。

これが真実でした。

第5回公判

被告人は、殺人ではなく自殺幇助の罪で執行猶予の判決が下されました。

 

その公判中、傍聴席で坂間千鶴を恨めしい目で見つめる男に気づく入間みちお。

過去の坂間千鶴の公判資料などから男の正体を特定し、坂間千鶴が階段から男に突き落とされたところを間一髪助けました。

男はすぐに取り押さえられ警察に引き渡されました。坂間千鶴をずっとつけていたのもこの男で、過去に坂間千鶴が担当した集団カンニングの裁判の被告人で逆恨みからの犯行でした。

入間みちおもたんこぶが出来た程度で大事には至らずに済んだのでした。

 

 

これまでのネタバレ記事はこちら

ドラマ「イチケイのカラス」9話 感想

ドラマ「イチケイのカラス」9話は、人を裁く側の責任の重さがテーマとなりましたね。

時には逆恨みされてしまうこともある裁判官という仕事。

裁判員もまた裁判官と同じ責任と覚悟を持って裁判に向き合わなければいけない。

実際に自分が裁判員になったら冷静に事件を見れるのかと考えされられました。

坂間千鶴が階段から突き落とされ、入間みちおが頭を打った時にはどうなってしまうのかヒヤヒヤしましたが無事でほっとしたのは私だけではないはず…本当によかったですよね!!

ドラマ「イチケイのカラス」9話ネタバレと感想まとめ

ドラマ「イチケイのカラス」9話のネタバレと感想をご紹介しました。

残り2話となりましたが、次回は最終回に繋がる大波乱の事件が発生するようです!

イチケイメンバーたちにどんな試練が待っているのか。

来週の放送が待ち遠しいですね♪

 

\今すぐクリックで0円視聴

無料視聴

今すぐクリック⇒イチケイのカラス 最新話無料で見逃し配信を見る!

 

本記事の情報は2021年5月31日時点のものです。
最新の配信状況は公式サイトをご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました