イチケイのカラス 6話ネタバレ感想

イチケイのカラス

毎週月曜日夜21時からフジテレビ系で放送中のドラマ「イチケイのカラス」。

元弁護士の型破りな裁判官入間みちお(竹野内豊)と堅物エリート捜査官の坂間千鶴(黒木華)とのやり取りが面白く、また、毎回涙なしでは観られないストーリーとなっており、おすすめできるドラマの一つです。

現在第5話まで放送されていますが、今回は第6話のネタバレや感想をご紹介します。

 

\今すぐクリックで0円視聴

無料視聴

今すぐクリック⇒イチケイのカラス 最新話無料で見逃し配信を見る!

ドラマ「イチケイのカラス」6話 あらすじ

草野球の試合を終えたみちお(竹野内豊)たちは、相手の井出(山崎育三郎)ら地検チームと一緒に石倉(新田真剣佑)の実家『そば処いしくら』に集まって飲んでいた。そこに、坂間(黒木華)日高(草刈民代)を連れてやってくる。坂間は、女性裁判官の会に出席し、日高の最高裁長官内定のお祝いをしていたという。 するとみちおは、志摩総一郎(羽場裕一)という男の名前を出し、彼が被害に遭った窃盗事件を担当することになったと日高に告げる。志摩は、弁護士時代のみちおが最後に担当したある事件に関係する人物だった。

みちおが裁判長を務める窃盗事件とは、前科6犯の窃盗犯・岸田(バカリズム)が、会計事務所所長の志摩の自宅に忍び込み、現金113万円を盗んだ事件だった。岸田は犯行後、盗んだ自転車で逃走を図ったが、その途中で新聞配達員と自転車同士の衝突事故を起こして顔を見られたため自首していた。 第1回公判で、岸田はエリート人生から転落して窃盗を繰り返したという井出の言葉に反発し、泥棒がいかに魅力的な仕事であるか、どんな金庫も開けられる優れた耳を持つ自分がその個性を生かすためにいかに努力をしているかを力説し始める。また岸田には、金が余っている家しか狙わず、人は絶対に傷つけない、というポリシーがあるらしい。

みちおは、理路整然と話す岸田が、逃走時のことなるとあいまいな話をし始めることや、今回初めて自首してきたことが気になり、逃走経路周辺の防犯カメラを確認することにするが……。

(引用元:公式サイト)

ざっくりドラマ「イチケイのカラス」の6話のあらすじをまとめると、

 

  • 入間みちおたちの飲みの席に、坂間千鶴が日高亜紀を連れてくる
  • 入間みちおは志摩総一郎という名の男が被害にあった窃盗事件を担当すると日高に伝える
  • 窃盗事件の被告人である岸田の公判での証言に違和感を感じ、逃走経路の防犯カメラを確認することにする
ゆるっとちゃん
ゆるっとちゃん

最高裁判所裁判官の日高亜紀も今回の窃盗事件の被害者と何らかの接点がありそうですね。

ドラマ「イチケイのカラス」6話 ゲストキャスト

6話のキャストをご紹介します!

ゆるクマ
ゆるクマ

6話では、4話でゲスト出演した永野芽郁さん、広瀬アリスさん、遠藤憲一さんが出演する映画「地獄の花園」の脚本を担当した、バカリズムさんがゲスト出演します!!

岸田茂(きしだしげる)/演:バカリズム

金が余っていると踏んだ家しか狙わないという独自の美学を持つ、窃盗だけで前科6犯の泥棒。

バカリズムさんは、過去にも「素敵な選TAXI」で竹野内豊さんと共演したことを機に親交を深め今回のコラボが実現したようです。

志摩総一郎/演:羽場裕一

志摩会計事務所の所長で今回の窃盗事件の被害者。

入間みちおの過去と接点あり。

ドラマ「イチケイのカラス」6話 ネタバレ

ゆるっとちゃん
ゆるっとちゃん

お待たせしました!6話ネタバレをご紹介します。

6話のドラマ内容のネタバレになりますので知りたくない方はご注意ください!

冒頭は10年前の回想シーンから始まりました。

裁判所と思われる場所で、入間みちおが日高亜紀に弁護士を辞めて裁判官になったことを告げます。

どうして裁判官に?という日高の問いに、入間みちおは「どうして?を全部やってみようと思って。例えば現場検証。今まで何度申請しても断られた、日高さんあなたにも。弁護士から見た刑事裁判官に思うどうして…それを全部実践してみようと思います。」と答えます。

そして、入間みちおが日高裁判官に「あなたはどうして裁判官を志したのですか?」と問いかけるところで回想シーンが終わりました。

入間みちお率いるイチケイメンバーが草野球の打ち上げをしている場に、女性裁判官の集まりを終えた坂間千鶴が日高亜紀を連れてやってきます。

すると突然入間みちおが「日高さん。蝶の羽ばたきが嵐をおこすとおもいますか?」と意味有り気にバタフライ効果(ささいなことがさまざまな要員を引き起こし大きな出来事の引き金に繋がる)について話し始めます。そして、去り際に今回の窃盗事件を担当することを告げ、「最高裁長官ともなれば法曹界にどんな影響が広がっていくんでしょうかね」「志摩総一郎。今度彼が被害に遭った事件を担当することになりました。12前の事件の波紋じゃないといいな」と言いその場を後にします。

そして、窃盗事件第1回公判

そこには全く反省の色のない被告人が立っていました。そして、「どんな泥棒にも欠かせないのが1に分析2に分析3、4がなくて5に分析!」と言い放ち、続けて窃盗の美学について語りました。

しかし、これだけ窃盗に対する情熱と美学を持った被告人が今回のみ曖昧な理由で自首していることに入間みちおは疑問を抱きます。

公判後、12年前の事件と関わりがあるかもしれない志摩総一郎が絡んでいることからいつもの様子ではない入間みちおに、坂間千鶴が12年前の事件について調べ真実について訪ねたことで過去の事件が明らかになりました。

被害者は東丸電機経営戦略部長布施元治、被告人は研究員の仁科荘介。工場の製造部門に移動させられたことから何度もトラブルを起こしていた。そして事件当日口論から工具で相手を殴りつけ殺害。逮捕されて罪を認めるも裁判では一転して無罪を主張した。

という内容が公判記録には記載してありました。しかし、入間みちおが被告人から聞いていた話は異なっていました。

現場に着いたときすでに被害者は亡くなっていた。現場から走り去った男を見ていたにもかかわらず警察の厳しい取り調べに罪を認めてしまった。

被告人の供述からも捜査するべき案件だった。しかし、その後必要な現場検証や捜査を認められることなく有罪判決を告げられ自ら命を絶ってしまった。

この被告人を助けられなかったことを入間みちおは今でも後悔し、そして今回志摩総一郎が現れたことで12年前の事件と繋がることが出てくるのではないかと考えているようでした。

話は窃盗事件の話に戻り、

今回の窃盗事件のことを調べていた新聞記者がいたことがわかりました。しかし、その新聞記者は誰かに突き飛ばされ意識不明になっていることが発覚しました。このことから、職権を発動し、裁判所主導の捜査が行われることになりました。

公判では被告人は鞄の中には犯行道具が入っていると供述していました。しかし、防犯カメラの映像では、窃盗に入る前は鞄は軽く、犯行現場から出てきた時には重そうな鞄を抱えている被告人が写っていました。現場検証を行った結果、被告人が犯行後に持っていた荷物の重さは被告人の供述とは異なることが判明します。

盗んだものの重さから検証の結果被害額が2億円相当であることもわかりました。しかし、2億円が被害に遭ったにも関わらず被害届が出されていないことにある疑惑が持ち上がります。

そして、次の公判では志摩総一郎の証人尋問が行われました。

志摩総一郎は「盗まれたことに気がつかなかった。」「盗まれた現金もどこで手に入れたものかわからない」と証言しました。さらに、入間みちおに対し過去の事件から自分に固執しているのではないかと敵意を向ける発言をしました。

また、担当検事も上からの圧力で裁判に協力できない状態であり、このままでは真実を明らかにすることができないという状況に…

そんな中、事件について調べていた新聞記者が亡くなったことが知らされます。

 

ゆるクマ
ゆるクマ

誰かからの圧力で誰も真実を話せない状態なのかも…

しかし、ついに真実を知りたいイチケイメンバーに根負けした検察官2人が、たまたま同じ店にいたように装いながら情報をイチケイメンバーに伝えます。

そこから捜査が一気に動き出し、新聞記者が調べていた場所などをたどり、聞き込みなどする中でついに決定的証拠を見つけます。

そして、窃盗事件の公判。入間みちおは法壇を降り被告人に語り始めました。

傍聴席にいる新聞記者の妻の方を向くように指示し、「あなたが起こした事件を調べたことで何者かに突き落とされ命を落とした。」「人を傷つけないというあなたのポリシー。でも、誰も傷つけない犯罪なんてないんです。」「私は法廷で真実をもって被告人と向き合う」という入間みちおの言葉と入間みちおの諦めない姿に心打たれた被告人が「私が盗んだのは113万円じゃない。2億円です。ピンときましたこれは表に出しちゃいけない金だと」「防犯カメラに写っていた男に1000万円で買収された」と真実を語りました。

そして、決定的な証拠である新聞記者の男性が持っていたデータ「志摩総一郎の会計事務所が担当する大手企業の裏帳簿」から脱税事件が発覚し、その後志摩総一郎は逮捕されることになりました。

ゆるっとちゃん
ゆるっとちゃん

6話の最後には、12年前の被告人の妹に坂間千鶴が再審請求を勧めました!12年前の事件の真相にどんどん近付いています!!

これまでのネタバレ記事はこちら

ゆるトレ
ゆる〜くトレンド情報やドラマのネタバレ感想などお届けします♫
ゆるトレ
ゆる〜くトレンド情報やドラマのネタバレ感想などお届けします♫
ゆるトレ
ゆる〜くトレンド情報やドラマのネタバレ感想などお届けします♫
ゆるトレ
ゆる〜くトレンド情報やドラマのネタバレ感想などお届けします♫
ゆるトレ
ゆる〜くトレンド情報やドラマのネタバレ感想などお届けします♫

ドラマ「イチケイのカラス」6話 感想

今後の展開を期待するコメントや続編を希望するコメントなど、今回も面白かった!という投稿ばかりでした^^

ドラマ「イチケイのカラス」6話ネタバレと感想まとめ

ドラマ「イチケイのカラス」第6話のネタバレをご紹介しました。

今回の窃盗事件をきっかけに志摩総一郎は脱税に関与した疑いで逮捕されました。この脱税事件が12年前の事件と繋がっていくことになります。

開かずの扉が開いたときに全ての事件が明らかになるかもしれませんね。という入間みちおの言葉からドラマが大きく動き出したことがわかります。今後のドラマの展開から目が離せませんね!!

\今すぐクリックで0円視聴

無料視聴

今すぐクリック⇒イチケイのカラス最新話無料で見逃し配信を見る!

 

本記事の情報は2021年5月時点のものです。
最新の配信状況は公式サイトをご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました