東京リベンジャーズは完結してる?最終回の結末や内容は?

東京リベンジャーズ

週刊少年マガジンに連載しており、映画実写化もしている大人気漫画の『東京リベンジャーズ』。

主人公タケミチが過去にタイムリープして、元彼女のヒナを救えるのか。そして、すでに東京リベンジャーズは完結してる?気になる最終回の結末や内容は?

漫画やサイトを調査して検証していきます!

 

東京リベンジャーズは完結してる?

現在も週刊少年マガジンで連載中で完結はしていません。

しかし、物語としては終盤に差し掛かっているのではないかと感じます。

ナオトと共に協力してタイムリープを繰り返し行い、未来をいい方向へ進めているタケミチ。念願だったヒナの生存も可能となったのですが…。

ナオトと握手することで可能だったタイムリープですが、ヒナの生存という、ナオトの念願も叶ったことでタイムリープはできなくなりました

その話からもう終わるのではないか、打ち切りになるのではないかという噂も流れましたが、最終回や完結などの公式発表も2021年5月時点でありません

東京リベンジャーズは何巻まで出てる?

単行本としては2021年5月の時点で22巻まで出版されております。

ちなみにですが、作者である和久井健さんの過去の代表作品として、新宿スワン全38巻があります。東京リベンジャーズではそこまで話が続くかは疑問ですが、やはり物語として終盤に差し掛かっているのは確かだと思います。

東京リベンジャーズが特典ポイントで無料>>

東京リベンジャーズの結末予想

週刊少年マガジンでは第204話となっており、タイムリープを繰り返して未来を変えていたタケミチですが、稀咲の死とマイキーによって東卍の解散まで過去を変えることができました。

そして現在に戻るとヒナは生きていて、元東卍のメンバーも幸せそうに暮らしていました。マイキーを除いて…。

第204話ではマイキーに撃たれて瀕死のタケミチでしたが、それでもマイキーを助けたいという気持ちと、マイキーの助けて欲しいという気持ちが重なり、手を繋いだことで、タイムリープが発動して高校時代へと進むことになりました。

おそらくこれが本当に最後のタイムリープかと思います。ざっくり言うとマイキーを救って、東卍メンバー全員幸せに!なんて予測してみますが、そんな単純ではないような気がします。

梵天のトップとなっていたマイキーですが、その他にも注目すべきキャラが多いのです!

 

三途春千代、元東卍伍番隊副隊長だった三途がなぜ梵天のNo.2まで?

相談役となっている明司武臣、ここにきての新キャラ?はどう絡んでくるのか。

梵天の幹部ではないが、逃走中の半間は現在どうなっているのか。

 

ここまでではわからないことが多くあるので、最終章になっていると思われますが、まだまだ先は長いようにも思えます。

 

最後に過去にタイムリープしてますが、現在に戻ると再度タイムリープはもうしないはずです。

勝手な予想としては、タイムリープ後、東卍が解散して不安定になっているマイキーに明司と三途が中心となってマイキーを操り、梵天を結成させたことを知り、解散してバラバラとなっていた元東卍メンバーをタケミチが集めてそれを食い止める。

 

食い止めようとしたが、その結果タケミチは重症を負って意識が戻らない状態となってしまい、現在の世界まで話がとんでしまう。

 

その後何らかのきっかけで目を覚まして…といった感じでどうでしょうか。

 

しかし、当たり前ですが、作者の和久井先生ならもっと壮絶な結末を考えていると思うのでそれを期待したいと思います。

映画「東京リベンジャーズ」は漫画のどこからどこまで?原作の設定と実写版の違いについてはこちら>>

東京リベンジャーズは完結してる?最終回の結末や内容は?まとめ

・現在も週刊少年マガジンで連載中であり、最終回や完結などの公式発表も2021年4月30日時点でありません。ですが物語は終盤へ差し掛かっていると言えます。

・単行本としては2021年4月30日時点で22巻まで出版されております。

・最後のタイムリープで、マイキーを救うことはできても、タケミチは重症を追って意識が戻らず現在へ話が進むという結末予測をしましたが、作者の和久井先生はさらに壮絶な結末を考えているでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました