イチケイのカラス 1話ネタバレ!HEROのパクリ?原作の二次創作かと思うほど全然違う!

イチケイのカラス

竹野内豊主演月9ドラマ「イチケイのカラス」1話のネタバレと感想をご紹介します。

原作は同名漫画なのですが、設定から何からかなり違う!そして、黒木華演じる坂間は原作では男なのですが、そこを女性にしたことによって型破りな裁判官に振り回される堅物女性の構造がHEROそっくり!?

今すぐクリック⇒イチケイのカラス1話今すぐ無料視聴

イチケイのカラス1話 あらすじ

ざっくり1話のあらすじをまとめると、

 

  • ある代議士の秘書が自殺
  • 亡くなった秘書の息子が代議士をぶん殴った?傷害事件発生!
  • 変わり者の刑事裁判官みちおが秘書の死の真相を暴く

 

入間みちお(竹野内豊)は、東京地方裁判所第3支部第1刑事部<通称:イチケイ>の刑事裁判官。元弁護士という異色の経歴を持つみちおは、ヒゲを生やし、服装はカジュアル、とぼけた発言もしばしばという、お堅い裁判官のイメージとはほど遠いゆるい空気をまとった男だが、先入観に一切とらわれない自由な観察眼と、徹底的に調べ上げる探究心を持ち、弁護士団や検察官の双方から恐れられているクセ者だ。

そんなみちおを見守っているのは、イチケイの部長で、有罪率99.9%といわれる日本の刑事裁判において30件あまりの無罪判決に関わっている伝説の裁判官・駒沢義男(小日向文世)と、元傍聴マニアで、みちおのファンを公言している裁判所書記官の石倉文太(新田真剣佑)。また、お人よしの主任書記官・川添博司(中村梅雀)、3つ子の母でもある姉御肌の裁判所書記官・浜谷澪(桜井ユキ)、物おじしない新人の裁判所事務官・一ノ瀬糸子(水谷果穂)も、しばしばみちおに振り回されつつ、イチケイを支えているメンバーだ。

そのイチケイに、若くして特例判事補になったエリート・坂間千鶴(黒木華)が赴任することになった。東大法学部出身の坂間は、冗談が全く通じない堅物タイプで、裁判官が的確かつ速やかに事件を処理することで日本の治安が維持されている、と強烈に自負している。坂間がイチケイに異動してきた目的は、事件の処理件数が信じられないほど少なく、会社なら倒産レベルの“赤字”状態であるイチケイを立て直すためだった。

駒沢は、さっそく坂間にみちおと組むよう指示する。みちおを裁判長に、坂間と駒沢の3人で審議する合議制で取り組むことになった起訴案件は、大学生の長岡誠(萩原利久)が、代議士の江波和義(勝村政信)に全治1ヵ月のケガを負わせた傷害事件だった。実は誠は、江波の秘書だった洋一郎の息子。洋一郎は、2ヵ月前、不正献金疑惑で東京地検特捜部がマークし始めた矢先に、電車に飛び込んで自殺を図っていた。

検察側から、みちおのお目付け役として東京地検第3支部に異動してきた井出伊織(山崎育三郎)と、上司の主任検事・城島怜治(升毅)が出廷した第1回公判。誠は江波の方から先に殴ってきたと証言し、父は自殺ではないと主張した。するとみちおは、傷害事件のもとになった洋一郎の死の真相を確かめる必要があるとして、捜査権を発動し現場検証を行うと言い出して坂間や井出たちを驚かせる。

引用元:公式サイト

 

イチケイのカラス2話のあらすじネタバレはこちら>>

ゆるトレ
ゆる〜くトレンド情報やドラマのネタバレ感想などお届けします♫

 

ゆるっとちゃん
ゆるっとちゃん

2話のゲストキャスト元AKB48不動のセンター前田のあっちゃんがなんと虐待母親を演じます…

イチケイのカラス1話 キャスト

1話のキャストをご紹介します!

ゆるクマ
ゆるクマ

裁判の傍聴マニアとして人気芸人さんが出演するようです!

長岡誠(ながおか まこと)/演 萩原利久

大学生。代議士の江波和義に対する傷害事件の被告人。

江波和義(えなみ かずよし)/演  勝村政信

衆議院議員(代議士)

元秘書の息子、長岡誠に殴りつけられて、全治1ヶ月のケガを負う。

長岡洋一郎(ながおか よういちろう)/演 松澤一之

長岡誠の父で江波和義の元秘書。

不正献金疑惑で東京地検にマークされていたが、2カ月前に自ら命を絶った。

相馬奈々/演 古川凛

物語のキーを握る女の子!

相馬/演 松本若菜

奈々を女で一人で育てるシングルマザー。工場のパートで生活は苦しい。

傍聴マニア/演 長田庄平、松尾駿(チョコレートプラネット)

入間みちおのファンクラブ「みちおを見守る会」のメンバー。

 

イチケイのカラス1話 ネタバレ

ゆるっとちゃん
ゆるっとちゃん

冒頭は船の上に佇む11年前の主人公入間みちお(竹野内豊)からスタート!どうやら、今は変わり者でおどけているみちおには暗い過去がありそうですね。

長岡洋一郎の死の真相は少女をかばった事故だった!

キムタクと松たか子のHEROのように、入間みちおも職権を発動して自ら現場検証をします。

その結果、踏切の遮断機が故障していても、電車の通過する音には気づくはずだから、元秘書の長岡洋一郎が電車に飛び込んだのは事故ではなく自殺だろう…という大方の見立てが覆ります。

江波の秘書・長岡洋一郎が亡くなった日、その時間帯は工事車両が多く、周辺の再開発工事の重機も多数稼働しており、とてもうるさく、電車の音に気づきづらい状況だったことが判明。

しかし、目撃者の相馬(松本若菜)の証言では、元秘書の長岡は自ら電車に飛び込んだと…

追い込まれるみちおですが、一番最初に長岡さんの亡くなった踏切で出会った女の子が気になるみちお。

なんと、その女の子の母親が相馬だったのです。

目撃者の相馬(松本若菜)は代議士・江波に嘘の証言をするように脅されていました。また、江波の口利きでいい職場を用意されることで生活が楽になることを心の奥で喜んでもいましたが、みちおの説得で、全てを正直に証言した相馬。

江波は過去の不正についても追及されることとなり、悪は裁かれることに。

当初、自分から殴っていないと証言していた傷害事件の被告人・長岡誠も父の無念が晴れたことで自分から殴ったと罪を認めました。

イチケイのカラスはHEROのパクリそっくり?

イチケイのカラスとHEROの類似点1:型破り

HEROの久利生公平と、イチケイのカラスの入間みちおの類似点は何と言っても型破り!

HEROの久利生公平の趣味:テレビショッピングの通販をやたらと次から次へ購入する

入間みちおの趣味:変わり種ふるさと納税を職場にガンガン届ける

どちらも、お堅い馴染みのない職業をドラマの主人公にする中で、親近感を持たせ愛着を沸かせるための設定ですね。

みちおはイケメンですが、チャラい感じはしませんので、「ちょ、待てよ」などのフランクなキラーワードは出て来なそうですね。

イチケイのカラスとHEROの類似点2:男女のバディーもの

HEROでは久利生公平(木村拓哉)と雨宮(松たか子)。

イチケイのカラスでは、入間みちお(竹野内豊)と坂間千鶴(黒木華)。

どちらも型破りな男性と、お堅い女性がバディーになって終始言い合っていますね。

イチケイのカラスとHEROの類似点3:小日向文世が仲間

小日向文世さんがいることで、あれ?と既視感が強まっている気がします!笑

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました